転職年収で嘘ついてもバレる理由とは?嘘を嘘で塗り固めることに

*

年収など転職するときの嘘はバレるのか?

転職で前職の年収を嘘つくとバレる?

転職活動において、面接をおこない話も終盤に差し掛かってきたときに年収の話題になることがあります。多くは企業側から、現在の年収を聞かれて、その上でいくら希望するのかを聞かれることが多いです。

採用する側としては、その転職者のことを是非欲しいと考えている場合には、現在の年収を下回ることのないような年収を考えることが多いです。そのような企業側のスタンスを知ってか、現在の年収を聞かれたときに実際に貰っている年収以上の金額をいうことがあります。それによってうまく転職できた場合にスタートの年収が現在よりも跳ね上がることになります。

しかし面接で嘘を言っても結局は企業側に嘘がばれてしまいます。転職先で年末調整をするために、前の会社から退職時に貰っている源泉徴収票の提出が求められます。退職迄に貰った給与や賞与の額が記載されていますが、それをみれば年収でどこぐらいになるか想定することができます。その金額が面接時に申告してもらった年収額と相違があれば、申告した額が嘘であるとばれてしまうのです。

今の会社に転職先を言いたくない。嘘ついたらバレる?

転職することが決まったら、今の会社に退職の話をしなければなりません。なかなか言い出しにくい内容ですが、すぐにでも今の会社に言うのが一番です。

今の会社も、ここを辞めた後は次はどこで働くのだろうと正直気になるところです。転職先を言いたくないという人は、上手く嘘をついて円満に退職するようにしましょう。親の介護をしないといけなくなってしまったや、子育てに専念したいからやめたいというような簡単な理由にするのが良いでしょう。変な理由だと逆に疑われてしまい、後味の悪い退職になってしまいます。

バレても回避できるような嘘にするのが良いのです。介護が一段落ついたからや子育てに専念した後に、もう一度働くことになったと言うこともできるのです。転職先を言うのが嫌な場合は、簡単な嘘を言って仕事を辞めることになったというようにしましょう。相手も嫌な思いをせず、そうすることで自分も気持ちよく次の転職先に行くことができます。

転職するときに経歴に嘘を書いたらバレる?

基本的に、経歴に嘘を書くということは経歴詐称であり詐欺罪にあたります。
しかし、経歴の細かい年月日まで正社員で厚生年金などに加盟していなかった場合は覚えていないという人も多いのが現状です。
転職の際に、その数か月の誤差を経歴に書いたとしても咎められることはほとんどないといっていいでしょう。

しかし、あからさまな出身校の嘘や、勤務先の嘘といったものはいつしかバレてしまうものであり、すべきことではありません。
人と人は、皆どこかで繋がっているものであり、更にこの現代社会においては、インターネットやスマートフォンの普及に伴い個人の情報があらゆる方面からうかがい知ることができる世の中です。

転職において、心よりその会社・企業・職種に就きたいのであれば、ありのままの経歴を堂々と書き、経歴を超える自らの魅力・長所・前向きな姿勢をアピールすることに力をそそぎましょう。
ありのままの経歴を書いても面接等において、この人材が欲しいと思われて入社できてこそ、いい人間関係も築けよりよい仕事ができお互いにプラスとなっていくものです。

転職の嘘がバレる理由

転職の嘘がバレる理由はいくつかありますが、一番多いのは、言っていることが本当かどうか、転職先の企業が調べることで分かってしまうのがあります。つまり、企業は、応募者の言っていることが本当かどうか、提出した書類に書いてあることが本当かどうかを調査するものだからです。これは別にプライバシーの侵害とかそういうこととは関係がありません。また、興信所のような機関を使うとも限りません。

一般的には、同業他社に転職しようとすることが多いでしょう。経験を活かすという意味でも最も多いパターンです。その場合、企業の中でそれなりに責任ある立場にあるような人は、同業他社とのパイプを持っていると考えておいたほうが無難です。そういう伝手を通じて、前に勤めていた企業の人に、求人に応募してきた人の人物像を聞くくらい朝飯前です。

人柄、経験、適性などはもちろんのこと、前職を辞めた理由など、その人のありとあらゆることを聞くのですから、嘘がバレないほうがおかしいくらいなのです。

転職するときについた嘘がバレたら内定取り消し?

転職希望者が応募する際には、自身の身分や実務経験内容などについて、企業に正確な情報を提示しなければなりません。ただ、時として、採用されやすいように虚偽の記載や発言などの行動を起こしたくなるものです。

企業にとって甚大な影響を及ぼすものであれば、当然のことながら転職者の内定が取り消されることになります。虚偽内容以上に、人物像に対して疑問符がつきますので、ひいては企業の信頼性を傷つけることにつながります。資格の取得の有無などについては、その裏付けとして証明書の提出を義務付けていますので、滅多なことで嘘がまかり通ってそのまま採用されることはありません。

ただ、前職における役職という点においては、所属した企業の人事部署に確認しないことには判明は難しいものです。その役職についていたかどうかは、これからの仕事ぶりによって証明されるものでもありますので、たとえ嘘であっても、それを跳ね返す位の熱意のある取り組み姿勢を示すことができれば、企業側としても採用したことにくいが残ることはありません。